支え合い新聞部 ほほえみ結ぶ・しめ新聞の第4号企画会議が始まる!

 2024年4月22日(月)、支え合い新聞部の【ほほえみ結ぶ・しめ新聞 第4号】の企画会議が始まりました。

 今日は、3年生3名、2年生4名が参加し、吉村ITアドバイザーのファシリテートで行われます。
冒頭、第3号を配達してみて頂いた評価の報告、並びにKBCラジオハッピーアワーで紹介された音源の紹介と報告をさせて頂きます。その後、今年度の活動目標について意見を出し合います。
今年度は、4号~7号までを発行しようという事になりました。
凄い意気込み(^^♪

 その後、企画会議に入っていくのですが、その中で報告として5月11日に議員さんと町の賑わいについて語りあう場への取材の件、6月6日に行われるふじ子ちゃんの「おかわり食堂」への取材の件について提案をさせて頂きました。

 ここで中学生部員から出た質問は、「こども食堂を開くお金はどうしているのですか?」がありました。『基金から..』というお話や『〇〇議員さんや志免町の住民の方々が、いろんな方に声をかけて下さり、必要なモノを提供して頂いたり、広報して貰ったりしています』と知りうる限りの情報を提供します。

 すると中学生部員が
『私達が取材をする事で寄付が集まるかもしれない。私達がより多くの方に知って頂き、寄付が集まる様にしたらいいね』
という意見を出してくれました。感動です。

 最後に、広報についてそのやり方を報告しますと、『ぜひ若い方にも読んで頂きたい(^^)/』と中学生部員から希望の声を頂きました。私達大人部員も負けずに頑張らねば!とより決意したところです。
そしてもう1つ嬉しかったことは、顧問の〇〇先生が、ラジオに放送されたり、大人の方々から褒められたりする報告を聴き、『嬉しい(^^♪』と呟いた事。そして、新規の先生を御一人連れてこられた事でした。若い男性の先生です。ありがとうございます。

 いつも・いつも、中学生部員や先生方からエネルギーを頂いている大人部員です。
ありがとうございまーーーす(^^)/